首や首元のブツブツはスキンケアで

デコルテのブツブツはスキンケアで改善できる!

首や首元に、いつの間にか出来ていて、突然気が付くブツブツ。

 

一般的なニキビとは違い、腫れるわけでもなく、痛みがあるわけでもなく、ただ手触りと見かけのざらつき感が気になり、何とかしたいと思うものです。

 

この正体は「首いぼ」もしくは、毛穴の閉塞などによる「黒ニキビ」のことが多いようですが、なぜそんなものが首に出来てしまうのでしょうか。

 

首は意外に多くの刺激を受け続けています。

 

まずは、外気に触れているため温度湿度に影響され、乾燥していたり汗をかいていたり、肌がダメージを受けやすい状態にあります。

 

また、衣服に擦れることが多く、摩擦によって皮膚表面は過剰に触れられて負担がかかった状態にあります。

 

さらに、紫外線を浴びやすいのに日焼け対策を十分に施されていない場合も多くあります。

 

そんなにたくさんの刺激を受けてしまうと、肌はしわやシミになりやすいのは当然のことです。

 

特に、汗が放置されやすかったり、乾燥にさらされやすかったりすると、毛穴詰まりを起こして黒ニキビになりやすく、表皮の擦れや紫外線などの刺激が過剰だと首いぼになりやすいと考えられます。

 

そんな可哀そうな状態に置かれた首と首元に、どれだけの人が十分なケアを施しているのでしょうか。

 

首いぼや黒ニキビでお悩みの方は、たいていお手入れ不十分だと思われます。

 

まず、首をよく観察し、擦れやすい部位に、気になるブツブツがあるのか、それとも全体的に広がっているのかを把握しましょう。

 

そして、ブツブツがあるところを重点的にしながらも、首全体的に保湿ケアを施していきます。

 

方法は簡単で、お顔のケアと同質のことをしてあげるだけでよいのです。

 

気になるブツブツ部分には、たっぷりと保湿することを意識するだけです。

 

次にできることは、首に今以上の刺激を与えないことです。

 

具体的には、擦れやすい衣服は避けるとか、紫外線を浴びやすい首元の空いた服を着るときは日焼け対策をしっかりするとか、汗をかいたらおでこと同様、首元も拭いて清潔に務めるといったことを日常から行うことです。

 

これを繰り返していけば、これ以上のブツブツは抑制され、保湿により、できてしまったブツブツも新陳代謝とともに消えていく可能性は大です。

 

ぜひ、デコルテラインをいたわってあげましょう!

 

(兵庫県 匿名ちゃんさん)