デコルテのブツブツの原因

デコルテのブツブツは老廃物が原因かもしれません。

女性にとってデコルテは、意外と大切な部分です。

 

デコルテはさ紅茶バストなど女性らしさをアピールできる部分であると同時に、レフ板効果によって顔をキレイに見せる部分でもあるのです。

 

顔や首のケアはやっても、意外とこのデコルテをほったらかしにしている人、多いのではないでしょうか。

 

婦人服は紳士服に比べて襟が大きく開いているデザインが多く、気が付かない間に紫外線や汚れ、乾燥などの肌ストレスにさらされています。

 

歳を重ねた女性に多く見られるのが、デコルテのブツブツです。

 

このデコルテのブツブツ、痒みも痛みもなく、爪で引っ掻くとぽろっと取れたりいつの間にかなくなっていることもあります。

 

デコルテが汚いと、どんなにメイクをきれいにしても、印象はマイナスです。

 

このデコルテのブツブツは、毛穴のヨガレや古くなった角質が原因かもしれません。

 

思いだしてみてください。

 

10代や20代前半の若いころは、こんなブツブツなかったのではないでしょうか?

 

毛穴が詰まったり、古い角質が溜まるのは、肌のターンオーバーの乱れに原因があるのです。

 

肌のターンオーバーは、年と共に衰えていくものなので、肌の新陳代謝を若いころのように上げてあげることが一番です。

 

ピーリング石けんを使ったり、垢すりタオルでこすったりすることで、ブツブツが無くなることもあります。

 

半身浴や運動で汗を流すことも、毛穴の奥の汚れを押し出したり、古い角質が柔らかくなって剥がれやすくなったりするので効果的です。

 

エタノール配合の拭き取り用化粧水も、肌の汚れをきれいにしてくれます。

 

肌のターンオーバーを促すサプリメントを飲むのも良いでしょう。

 

デコルテは顔の一部と考えて、普段から汚れや古い角質を溜めないケアを心がけましょう。

 

(神奈川県 アロハさん)